慰謝料と財産分与

● 慰謝料と財産分与の違い

慰謝料と財産分与は、どちらも離婚に関わるお金の問題です。
慰謝料は、浮気や不倫行為で離婚原因をつくったほうが相手に対して損害賠償として支払うお金なので、「性格の不一致」「価値観の違い」などという、どちらかが一方的に悪いわけではない場合は慰謝料の請求は認められません。

それに対して、財産分与は夫婦が結婚している期間に二人が築いた共有財産を清算することで、浮気や不倫行為などの離婚原因に関係なく行われます。
したがって、離婚原因をつくったほうであってもお金を受け取る権利があります。

夫婦の「共有財産」とは、結婚生活に必要な家財道具をはじめ、土地・建物などの不動産、車、預貯金、有価証券などが該当します。また、所有名義が夫婦のどちらかになっていても、共有財産とみなされます。