探偵社ブログ

仮面夫婦

 

「仮面夫婦」や「家庭内別居」離婚減少の裏事情とは。

日本の離婚率は2002年の約29万件ピークに、徐々に減少しています。

 

では、日本全体で円満夫婦が増えたのかというとそうではないそうです。

というのも、恋人・夫婦仲相談所に寄せられる相談をみると
最近では離婚よりも「隠れ離婚」

いわゆる「仮面夫婦」や「家庭内別居」を選択する夫婦が増えているようです。

ちなみに、仮面夫婦とは、世間体あるいは経済的な事情など
さまざまな理由から、実質的には夫婦関係が終わっているのに
夫婦関係を続けている夫婦に事。

家庭内別居とは
夫婦としての関係は破綻しているのに、ひとつ屋根の下で同居し続けている状態の事です。

 

仮面夫婦が存在する理由とは。

離婚のマイナスイメージは薄れているが・・・
ここ数年「熟年離婚」の増加が続いているなど
離婚する世代や理由もどんどん幅広くなっています。
だから離婚経験者は珍しくありません。

また、活婚においても「バツイチ人気」と言われ、再婚市場が広がるなど
かつてのように「離婚=人生の落伍者」のように扱われることもなくなっている。

それでも正式離婚に踏み切らない理由の2つと考えられます。

1つ目は
「子供」
「離婚することで子供が不幸になる」
「子供のために両親がそろっていた方がいい」と考える方はまだまだ多いです。

2つ目は
「経済力」離婚後にシングルマザーになっても生活していけるだけの
経済力がないことで、妻が離婚希望を持ちつつも家族に留まっている例はかなりあります。

一方で、最近では男性の方も昇級が思うようにできず
経済力が下がっている方も増えているので離婚にまで至らず
「仮面夫婦」や「家庭内別居」になってしまうようです。

-探偵社ブログ

Copyright© 千葉県柏市のアシストレディース探偵社 | 浮気調査専門の探偵事務所/興信所 , 2021 All Rights Reserved.